ソフトバンク千賀1カ月ぶりキャッチボール再開も「まだまだ」

西日本スポーツ

 右前腕部の違和感でリハビリ中のソフトバンク千賀が28日、約1カ月ぶりにキャッチボールを再開した。

 20メートルほどの距離でフォームを確認しながら投げた約20球を「まだまだ。キャッチボールと呼べるものでもない」と慎重な言い回しで振り返った。

 斉藤リハビリ担当コーチは「そう簡単には進まない。状態を見ながら少しずつ距離を伸ばしていければ」と説明。キャンプ中の2月23日からノースローだった右腕は3月19日にシャドーピッチングを再開。その後ネットスローも交えて調整していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ