ボローニャ冨安健洋がイタリアでの実感を発信「一度感染始まってから防ぐの難しい」

西日本スポーツ

 サッカー日本代表でイタリア1部ボローニャに在籍するDF冨安健洋(21)が28日、自身のインスタグラムを更新し、動画で「自分のことだけでなく、他の人のことも気に掛けながら助け合って、この危機を乗り越えていければ」と新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けた。

 イタリアは欧州で最多の感染者を出している。冨安は「一度感染が始まってから防ぐのは難しい。イタリアでも手洗いやうがいの徹底、スキンシップを避けるという注意喚起はもちろんされていたが、ここまで感染が広がった」と説明。

 「家にいて他の人との接触を避けることが感染を防ぐ一番の近道。自分を守ることもそうですし、大切な人、家族を守ることにもつながる」と訴えた。自身の現状や出場を目指す東京五輪の開催延期については言及しなかった。

PR

日本代表 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング