予言通り来日1号 メジャー214発男に王監督は「不思議な人だ」/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2005年3月30日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 待望の一発に王監督の言葉が弾んだ。「貴重な本塁打を打ってくれたね。それにしても不思議な人だ」

 ソフトバンク元年、メジャー通算214発の実績をひっさげ加入したバティスタが来日1号。開幕5試合、通算20打席目で本拠地の左翼席へ運んだ。

 「不思議な人」と言われる理由は“予言”だ。開幕2戦目で来日初安打を放った際に「次は打点」と言い残し、3戦目で打点。試合後に「次は二塁打」と言い残し、4戦目で二塁打。試合後に「次は本塁打」と言い残し、3戦連続で予告通りになったというわけだ。

 メジャー時代に「カリブのびっくり箱」と呼ばれた大砲は、お立ち台で「チョーご機嫌!」と絶叫しファンの大歓声を浴びた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ