元ブリリアン・コージの入団先決まった 後輩の一言でアメフト復帰

西日本スポーツ

 人気お笑い芸人のブルゾンちえみ(29)とユニットを組み「ブルゾンちえみ with B」としても活動した元ブリリアンのコージことコージ・トクダ(本名徳田浩至、32)が、アメリカンフットボールの日本社会人Xリーグに所属する「みらいふ福岡SUNS(サンズ)」に今季新加入することが30日、分かった。背番号は9の予定。31日に福岡市内で会見する。

 高校、大学と7年間アメフトに打ち込んだコージは関東の強豪、法大時代に守備の最前線で体を張るディフェンスライン(DL)の外側に位置するディフェンスエンド(DE)として名をはせた。大学日本一を決める「甲子園ボウル」に3度出場。大学4年だった2009年の同ボウルでは、みらいふ福岡の吉野至代表(31)がキッカー(K)として在籍していた関大と対戦した。

 ダイキこと杉浦大毅(32)とのコンビで活動したブリリアンは、ブルゾンちえみが「35億」のフレーズを口にする横で上半身裸になり決めポーズを取るスタイルで人気となった。今月10日に解散を発表したばかりで、今後は「コージ・トクダ」として芸能活動を続けながら、アメフト選手としてもプレーし、競技の魅力を発信していく。ブルゾンちえみは31日付で所属事務所を退社し、本名の「藤原史織」として活動することを発表している。

 みらいふ福岡は2017年に設立され、九州のチームで初めてXリーグに加盟。X1初昇格1年目の2019年シーズンはX1の下部リーグ「X1エリア=東・中・西」で4勝2敗の7位だった。今季はX1の上位リーグ「X1スーパー」への昇格を目指している。

 コージ・トクダ「タレント活動をやっていた時もアメフトを頑張っている大学時代の同級生や後輩が刺激になっていた。ある食事の席で、後輩からもらった『コージさん、フットボール、やったらいいじゃないですか』の一言で火がつきました。僕だからこそできることも絶対にあるはず。選手としてやるからには必ず一番になりたい。タレント活動も生かしながらフットボール界に貢献、恩返しがしたい。それは僕だからできること。だからこそ、タレント活動も全力で頑張る。批判も受けると思いますが、結果で見せるしかないのなら、もう大口をたたきます。やってやります、はい!」

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング