西武山川、自宅待機中はシャトル打ち「何でも練習になる」

西日本スポーツ 松田 達也

 西武の山川穂高内野手(28)が30日、メットライフドームで4日ぶりに行われた全体練習に参加し、新型コロナウイルスの感染拡大による自宅待機の期間にバドミントントレを導入していたことを明かした。開幕までの調整が難しい状況も、柔軟な発想で苦境を乗り切る構えだ。

 首都圏での外出自粛要請を受け、チームが自宅待機となった28、29日の過ごし方について、山川は「自宅のバルコニーで(バドミントンの)シャトルをバットで打っていた。練習だと思えば、やり方によって何でも練習になる」と笑顔で話した。

 もともとは3年連続の本塁打王を目指す今年から取り入れた練習法だった。「風があるときは則本(楽天)さんのスライダーとか、千賀(ソフトバンク)のフォークみたいになる」。通常の練習ができない状況でも、頭を切り替えてトレーニングの時間に充てた。

 再開した全体練習では豪快なスイングで快音を響かせた。先行きが見えない状況には「不安はある」と言い切った。それでもプラス思考に変わりはない。「開幕を100%の状態では迎えられないかもしれない。だけど、シーズンはトータルで成績を残せばいい。その自信はある」。泰然自若な心と柔らかい頭で、困難に“打ち勝つ”決意だ。(松田達也)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング