元ブリリアン・コージ入団会見で“おわび” 背番号「35じゃなくてすみません」

西日本スポーツ

 アメリカンフットボールの日本社会人Xリーグに所属する「みらいふ福岡SUNS」の新入団選手発表会が31日、福岡市内で行われ、アメフト復帰を宣言し、加入が決まった元ブリリアンのコージことコージ・トクダ(32)とFAで加入したプロ選手の栗原嵩(32)が意気込みを語った。

 大学時代以来約10年ぶりの競技復帰となるコージは「お笑いをやりながらも10年間アメフトを盛り上げたいという思いをずっと持ち続けてきた。福岡でたまった思いを爆発させたい」と思いを語った。現役時代から体重は13キロは落ちていてアスリートとして体を戻すことが急務。「ブリリアンのときも体を鍛えてきたが、それは見せるためだった。今は心肺機能を高めるトレーニングをしている」と復帰への準備を進めている。

 背番号は9に決定。「大学時代は44を背負ってきて、お笑いを始めたら35になった。みんなに『どっちをつけるんだ』と言われてきたけど、44-35で9。1桁ならフィールドでもわかりやすいじゃないかと。35じゃなくてすみません」と説明した。

 「ブルゾンちえみ with B」としてユニットで活動してきたブルゾンちえみ(今後は本名の藤原史織で活動)からも「めちゃくちゃいいじゃん。やりたいんだったら突き進んだらいいよ」と後押しされたと言い「来てくれた人が次の試合も見たいと思ってもらえるよう僕がいいプレーをしたい」と九州から熱いプレーでアメフトに魅力を発信していく。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング