プロ野球開幕、再々延期でパは一致 143試合から削減も…6球団社長が緊急会議

西日本スポーツ

 4月24日を目標としているプロ野球の開幕が、再々延期する可能性が3月31日、高まった。

 この日、福岡ソフトバンクの後藤芳光球団社長(57)をはじめパ6球団の社長が急きょオンライン会議を実施。新型コロナウイルスの感染拡大状況や、活動休止などが相次ぐ各球団の状況を鑑み「4・24開幕」では難しいとの意見で一致した。

 4月3日に都内で予定されている12球団代表者会議で最終決定される見込みだが、これまで2度延期された今季の開幕日はまたしても先延ばしが必至の状況となった。

 ソフトバンク後藤社長「開幕の時期については(6球団)みんな同じ方向。孫オーナーの意向もある。(コロナ感染拡大は)特にこの一週間くらいが激しい。東京も感染者が激増している状況でもある。残念ながら選手からも感染者が出た。これは、どこのチームにもリスクはある。活動を休止したり、12球団の公平性も確保できていない。12球団がフェアに戦うからこそ、ファンの方から受け入れられるというのはあると思う。(開幕時期は)見えないし、この環境を重く見ている。各チームの社長とも、可能なら143試合やりたい希望は持っているが、その上で環境が整わないなら、143(試合)できないとしても、新たな開幕のタイミングを見ていこうと」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ