セーリング470級の岡田奎樹&外薗潤平 五輪開幕日決まり安堵と決意

西日本スポーツ

 東京五輪の開幕日が決まったことを受け、セーリング男子470級日本代表の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)=北九州市出身、外薗潤平(JR九州)組がコメントを発表した。司令塔のスキッパー岡田は「再度目標を明確に定めて前進できるようになったことに安堵(あんど)の思い」と明かし、クルーの外薗は「これからの一日、一日も大切にしてベストな状態で来年を迎えられるように」と決意を込めた。日本セーリング連盟は代表が内定している種目に関しては再選考を行わない方針。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング