九州六大学準硬式野球の春季リーグ中止 1950年の連盟結成以来初

西日本スポーツ

 九州六大学準硬式野球連盟は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月15日に開幕していた春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)を中止することを発表した。1950年の同連盟結成以来、初めてのリーグ戦中止。今季は不成立で個人表彰もない。

 今季リーグ戦では開幕直前に学内で感染者が出た佐賀大が、大学側から部活動を禁止されたために出場を辞退。第2節まで試合を行い、最速153キロ右腕の大曲錬(4年・西日本短大付)を擁する福岡大と久留米大が4戦全勝で首位に並んでいた。第3節は3月28日の試合が雨天中止となった後、同29日も福岡県の小川洋知事による外出自粛要請を受けて中止。連盟では同31日までに加盟校と連絡を取り、中止を決めた。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング