ボローニャ冨安「ステイホーム!」イタリア自宅からインスタライブで感染防止呼び掛け

西日本スポーツ 末継 智章

 サッカー日本代表でイタリア1部・ボローニャに所属するDF冨安健洋(21)=福岡市出身=が3日、所属するマネジメント会社「UDN SPORTS」の公式インスタグラムで配信されたインスタライブに生出演した。イタリアは感染者が11万人を超えているが「僕は元気です」などと近況を報告。東京五輪の1年延期に「シンプルに残念な気持ちが強い」と初めて言及した。

 冨安はチーム内に感染者が出ていないものの、約1カ月前から全体練習が中止になっていることなどを説明。自宅に待機し、筋力トレーニングや語学学習をしているが「ずっと同じサイクルなのできつい。(ストレス発散は)ユースの時にアビスパで一緒にやっていた友達と電話するくらい」と明かした。

 週2回は近くのスーパーへ買い出しに行っているが「中に入る人数が決められていて、1人出たら1人入れる感じ。きょうも10分ぐらい外で並んで待った」とイタリア国内の対策を報告。同国では他人と1.5メートル以上距離を置くよう言われていると話し「日本も今(感染者が)増えていると聞いている。できるだけ早い段階で一人一人行動を見直し、感染を防ぐのが大事」と「ステイホーム」を呼び掛けた。 (末継智章)

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング