内川通算4000打数「神様」超えでランクイン/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2013年4月7日の出来事は…。

 

   ◇   ◇   ◇

 球史に名を残す打者が節目の数字に到達した。敵地での日本ハム戦、内川は初回に空振り三振。その後の適時打より「もうちょっとどうにかできたんじゃないか」と先制機を生かせず悔やんだこの打席が、生涯打率ランキングの規定となる4000打数目だった。

 この試合を終えた時点で通算打率は3割1分3厘6毛。「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(巨人)を上回る歴代5位でランキングに登場した。日本選手の右打者では最上位。当時30歳で通過点ながら「大きなけがもせずに試合に出続けてこられた。そこは自分の中で誇り」と胸を張った。

 横浜時代も含めセ、パ両リーグで首位打者を獲得した内川は、この5年後に通算2000安打を達成することになる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ