【HKT3月の名言】大役任された運上、先輩の頼もしい一言が背中を押す

西日本新聞 古川 泰裕

 心に残るHKT48メンバーの名言を毎月、担当記者が勝手にピックアップするこの企画。世界中が新型コロナウイルス禍でため息ばかりの3月は、大役を任された後輩を守ろうとする先輩メンバーの頼もしい一言を選びました。

 デスク「コロナとの戦いで、気分もふさぎがちになってしまうね。3月のいい話を聞かせてくれ」

 特命担当F(以下F)「今回は、4月22日に発売される13thシングル『3-2(さんひくに)』の選抜&センター発表から選んでみました。新センターに運上弘菜が選ばれたことに対し、先輩の村重杏奈が呼び掛けた『なっぴのメンタルは俺たちが守ろうな!』です」

 デスク「『SHOWROOM』のやつだな。村重&運上コンビはいつもニュースを提供してくれるね」

 F「1年ぶり、しかも指原莉乃卒業後、初のシングル。自身初のセンターなのにいきなり単独です。いつも以上に注目を浴びることは必至。もともとポジティブとは言えない運上が必要以上に重圧を感じてしまうこともあり得ましたし、面白半分であれやこれやとインターネットで言ってくる連中がいないとも限らない。選抜発表の場を盛り上げるという意味もあったとは思いますが、心強い一言でしたね」

 デスク「さすが1期生だな」

 F「指原莉乃がHKT48に移籍してきた時、賛否渦巻く中で村重が『さっしーは私が守る!』と宣言したことを思い出しました。あくまでも想像ですけど、さっしーもきっとすごくうれしかっただろうし、ずっと恩義に感じていたところはあったんじゃないかなと思います」

 デスク「そんなことがあったのか」

 F「その逆もありました。村重自身も言及していますが、彼女にも自身をコントロールすることが難しい時期があった。週刊誌に書かれたこともありましたし、劇場のパフォーマンスだって『うーん』と思わざるを得ないこともあった。その時に指原はさじを投げず、自ら事務所へ売り込むなど尽力したのは、最初に自分を守ってくれたという“恩義”があったからなんじゃないかと。勝手な想像ですけどね」

 デスク「なるほど。いろいろな経験をして、村重はグループのまとめ役としての資質を磨いてきたんだなあ」

 F「仲間のため、グループのため、自分をネタにすることもいとわず奮闘する村重は選抜にふさわしいですし、今が一番、アイドルとして輝いていると思いますね」

 デスク「『博多の白い恋人』運上と村重のコンビには、これからも活躍してもらわないとな」

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング