瓜生がトップ守る 開設66周年記念 【下関】

西日本スポーツ

 下関ボートのG1開設66周年記念「競帝王決定戦」は8日、優出を懸けて準優3個レースを行う。予選トップは瓜生正義が守り、2位に茅原悠紀。3位は前日6位から稲田浩二が浮上し、この3人が準優の1号艇。前日の下位からは船岡洋一郎、江夏満がポイントアップ。6・00で並んでいた6人のうち、新田雄史、久田敏之、馬場貴也、石橋道友、平本真之が手堅くまとめてクリアした。最終的なボーダーは5・83で松尾拓が18番目で滑り込んだ。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング