「3密」排除に練習後の消毒徹底も ソフトバンクが9日に超厳戒態勢で自主練習再開

西日本スポーツ 倉成 孝史

 「超厳戒」で練習再開へ-。3月31日から活動を休止している福岡ソフトバンクが、今月9日から自主練習を再開することが7日、決まった。この日、福岡県をはじめ7都府県に発令された緊急事態宣言を受け、球団側と選手会が協議して結論を出した。

 8日から本拠地ペイペイドームと筑後の2軍施設への、球団職員や報道陣らの立ち入りを禁止した上で、時間と場所で選手を8グループ程度に分けて、球団から練習場所を提供される形となった。新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態が続く中、4年連続日本一を目指すチームが手探りで再び歩を進める。

 飛ぶことを止められていたタカが、超厳戒態勢の中で再び動き始める。7日、福岡ソフトバンクは球団として初となるオンライン取材を実施。新聞各社や福岡のテレビ各局などがインターネット上で参加した会見で、三笠ゼネラルマネジャー(GM)は、9日から選手の自主練習のため球団施設の使用を認める方針を明かした。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、チームは3月31日から活動を休止した。最短では4日から活動を再開する可能性もあったが、感染拡大は止まらず休止期間を8日まで延長。6日午前には選手会がキャッチボールや打撃練習をするための施設利用を球団側に訴えたが、7日発令された緊急事態宣言に福岡県も含まれたため、球団の対応に大きな注目が集まっていた。

 三笠GMは「このような状況の中、球団としても感染の拡大なりチーム内の罹患(りかん)を最大限に抑えるという話とともに、今後に向け何らかの(練習)環境を提供するということも考えなきゃいけない」と、自主練習のための施設使用を認める理由を明かした。緊急事態宣言が発令されたことで、8日からはペイペイドームと筑後の2軍施設は球団職員や報道陣の立ち入りは禁止となる。そんな中でも、ここまで10日間近くも動きを止められている選手らの思いを考慮し、施設利用許可の決断に踏み切った。

 ただ、感染拡大防止に向けて最大限の対策を講じての超厳戒態勢での自主練習となる。練習場所はペイペイドームと筑後の2軍施設の2カ所。投手と野手、時間も午前と午後に分け、入れ替えの際にもそれぞれが接することを避ける。ペイペイドームでは通常は使わない三塁側のロッカールームも使用。自主練習を行うグループを八つほどに分け、選手らには長時間の会話なども禁止し、極力「密」を避け、練習後の施設の消毒にも力を入れていく。

 三笠GMは「強制ではない。あくまでも場を提供するという意味合いで練習する」と練習参加は各自の意思であることを説明。「練習なり、多くの人が集まると感染リスクは高まる。選手会役員も十分に理解している」とも強調した。未曽有の事態の中、リスクを承知した上で日本一球団が「再スタート」する。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ