緊急事態宣言で練習拠点が使用不可…J2福岡と北九州、対応迫られる

西日本スポーツ 末継 智章

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の影響で、J2の福岡と北九州は8日、対象地域の公共施設だった練習拠点が5月6日まで使用できなくなった。

 雁の巣球技場が拠点のJ2福岡は4日、自主的にチームの活動を休止。期間は19日までの予定だった。福岡市の判断を受けて、柳田伸明強化部長は休止期間の延長や代替の練習場所の確保について「まだ何も決まっていない」と説明。既に選手には練習メニューを与え、体温や行動履歴などの報告を義務づけており「各自で感染防止に留意しながら体を維持していく」と語った。

 北九州市が利用中止を決めた新門司球技場や本城陸上競技場が拠点の北九州も、19日までとしている活動休止期間の再考を迫られる形になった。(末継智章)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング