緊急事態宣言が直撃 J2福岡、北九州は練習場使えず “地域格差”くっきり

西日本スポーツ 末継 智章

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言発令から一夜明けた8日、対象地域となった福岡県のスポーツ界も余波を受けた。J2アビスパ福岡とギラヴァンツ北九州は練習拠点の公共施設が5月6日まで利用できなくなり、4月19日まで休止する方針だったチームの活動再開への影響は必至だ。福岡県高校体育連盟(高体連)は夏の全国高校総体の予選を兼ねる県大会の延期を発表。県大会なしで代表校を決める可能性も出てきた。

 リーグ再開を待つ福岡の2クラブにさらなる試練だ。アビスパとギラヴァンツは現在自主的に活動を休止しているが、期間を19日までと定めていた。しかし緊急事態宣言を受け、福岡市と北九州市は、それぞれ5月6日まで公共施設の利用中止を発表。アビスパは雁の巣球技場、ギラヴァンツが新門司球技場や本城陸上競技場と両クラブの練習場も含まれており、活動休止の延長が不可避になった。アビスパの柳田伸明強化部長は休止期間の延長や代替の練習場所の確保について「まだ何も決まっていない」とだけ語った。

 同じJ2の東京Vや千葉、大宮といった強豪も緊急事態宣言の対象地域に入った一方で、対象地域ではない昨季J1の磐田は7日に練習し、9日も予定するなど練習環境に差が生まれている。J1昇格が最重要課題のアビスパにとっては苦しい状況だ。柳田強化部長は「各自で感染防止に留意しながら体を維持していく」と選手に高い意識を求める。

 チームが活動を休止した4日から選手にはフィジカルコーチからの練習メニューが与えられた。さらに体温や行動履歴などの報告を毎日義務づけ、自己管理の徹底を促している。アビスパは公式サイトに「スポーツを愛する全ての皆さまと一緒にこの時期を乗り越え、またスタジアムでお会いできる日を楽しみにしています」と、ファン向けのメッセージを公開した。外出を自粛している市民とともに試練に耐えながらエネルギーを蓄え、リーグ再開とともに一気に爆発させるしかない。 (末継智章)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング