ソフトバンク自主練習再開 中村晃選手会長は喜び感じつつ「細心の注意を」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクが9日、ペイペイドームと福岡県筑後市のファーム施設で自主練習を再開した。

 3月31日から活動を休止していたが、緊急事態宣言が発令される中、感染防止対策を徹底した上で球団が施設の利用を許可。中村晃選手会長(30)がオンライン取材に応じ「体を動かせるうれしさもあるけれど、絶対に感染者を出してはいけない。細心の注意を払ってやっていきたい」と複雑な胸中を明かした。自主練習はポジションごとに時差で行い、普段は使わない三塁側ロッカーも利用するなど接触機会を減らして行われる。コーチやスタッフは自宅待機が続いており、打撃練習も選手間で投手役を交代しながら実施したという。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ