ソフトバンク新助っ人「ハジメマシテ」からのチュー/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。
 2007年4月10日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 愛する家族と幸せいっぱいのシーンを披露したのは新外国人のブキャナンだ。初のお立ち台でファンにあいさつ。「ハジメマシテ、フクオカ」。覚えたての日本語を披露して笑みを振りまいた。

 初の猛打賞に加え、なんと4打席連続打点。ロッテ清水から放った先制の中前打を皮切りに右犠飛、中越え二塁打、左前打と広角に快音を連発した。主軸の多村、松中、小久保を上回る打点量産にも「走者が出ているおかげ」と好機を演出したチームメートへの感謝を忘れなかった。

 気分よくインタビューを終えお立ち台を下りたブキャナンに子どもたちを抱いて見守っていた夫人が駆け寄り祝福のキス。スタンドのファンも温かい拍手を送った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ