「こんな時こそ」西武高橋光が地元群馬へ直筆手紙

西日本スポーツ

 西武の高橋光成投手(23)が9日、球団施設で自主練習を行い、シーズンに入ってからはなかなかできない「今だからできる」テーマを実践した。

 室内でのウエートトレーニング後、メットライフドームでキャッチボールや遠投。練習相手の佐野を座らせて、カットボールやカーブなどの変化球も投げ込んだ。「今だからこそできることをやりたい。シーズンに入ってからはなかなかできない筋肥大のトレーニング。ウエートにフォーカスしてやっている」と説明した。

 本拠地のある埼玉県も緊急事態宣言の対象地域になった。球団施設の使用は水曜日を除いた平日の週4日だけになったが「いい環境、いいスケジュールの中でできている」と前向きだ。

 シーズンの開幕が見通せない中、6月19日に地元の前橋で予定されていた日本ハム戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響からメットライフドームに変更された。「楽しみにしていましたが、残念です」と話した。

 地元ファンに向けては「昨年、この球場で登板し、負けてはしまいましたが大きな転機となりました。また大きくなって群馬に戻れることを楽しみにしています。今、このような状況で大変な思いをされていることと思います。こんな時こそ、皆で乗り越えていきましょう!」とメッセージを送った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング