裏方不在、首脳陣も1人 ソフトバンク自主練、選手はどうしている?

西日本スポーツ 倉成 孝史

 感謝の再スタート-。福岡ソフトバンクが9日、本拠地ペイペイドームと筑後のファーム施設で自主練習を再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響でチームは3月31日から活動を休止していたが、福岡県が緊急事態宣言の対象地域となる中、球団は感染防止対策を徹底させて施設の利用を許可。時間と場所を分け、選手自らが打撃投手やノッカーも務めた。十分とは言えない環境下での再出発となったが、工藤公康監督(56)、中村晃選手会長(30)らは感謝の思いを示すとともに、現状では未定となっている開幕へ向けて前を向いた。

■コロナ細心の注意

 10日ぶりに目にした選手らの明るい表情に、工藤監督は安堵(あんど)した。自主練習再開日となった9日、ペイペイドームで午後2時から行われた投手陣、リハビリ組の自主練を視察。終了後、オンライン取材に応じた指揮官は「選手もそういうところ(感染拡大対策)を守って自覚している姿が見え、練習はすごく明るくやってくれた。少しほっとしたところもある」と、未曽有の事態の中、手探りながらもチームが再び歩き始めたことに一安心し感謝の思いを示した。

 「僕らは気をつけなければいけないことを(球団とオンライン会議で)何日も話をして決めさせてもらった。選手会のみなさんにもしっかり理解してもらい、準備はフロントのみなさんがしてくれて、練習を再開できるようになった」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でチームは3月31日から活動を休止。6日に選手会が施設利用を球団側に直訴したが、7日の緊急事態宣言で福岡県が対象地域になった。球団は選手らの思いも十分に理解した上で、時間と場所の分離や、感染拡大に最大限の対策を講じて自主練再開を決めた。参加は強制ではないが、初日の9日は、午前午後合わせてペイペイドームに計44人、同じく筑後には計43人と、育成を含む全選手(来日していないデスパイネグラシアルを除く)が参加し汗を流した。

 限られた環境下での練習にはなるが、選手らも野球ができる喜びと感謝の思いを示した。グラウンドへ入る人数を極力減らすため、首脳陣も午前に1人、午後に1人だけが参加。スタッフの手を借りることはできず、フリー打撃では選手が交代で打撃投手を務め、ノックも選手が行った。

 それでも、ここまで球団と数度の話し合いを行い自主練習再開にこぎつけた選手会長の中村晃は「こういう練習をやるのは複雑だが、球団から場所を与えてもらった。細心の注意を払いながらやりたい」と、球団への強い感謝を示した。同時に「みんな元気そうですし、自分のやることをしっかりできているのかなと思う」と、各自が自覚を持ち練習に取り組んでいることも明かした。今後も3勤1休のペースで自主練を行っていく予定。シーズンの開幕日も、チーム全体練習の再開日も未定だが、4年連続日本一の目標を見失うわけにはいかない。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ