ソフトバンク内川「それぐらい気を引き締めて」 自主練習の独特の雰囲気も明かす

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの内川聖一内野手(37)が10日、ペイペイドームでの自主練習後にオンラインでの取材に応じた。

 自主練習は新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底した中で行われている。選手ロッカーの使用直後の消毒などについて「それぐらい気を引き締めないといけないんだなと、改めて思った」と表情を引き締めた。練習中も選手が大声を出すことはなく、なるべく距離を取ってトレーニングを行うことも意思統一されている。「普段全員で練習する時のような活気とかはなく、打球音やちょっとしか物音しか聞こえない。緊張感を持ってやらないと、予期せぬけがをしてしまう。いつもはファンの声援がある中でやっているので、ちょっと寂しい」といつもとは一変した状況での練習を振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ