ソフトバンク松田が「熱男」になる前の熱すぎる一発/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年  

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2013年4月11日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 マッチがまだ「熱男」になる前の武勇伝だ。この年4番に座って2試合目だった松田が自身2年ぶり、通算2本目となるサヨナラ弾を放った。

 最大5点差を追いついて延長戦に突入。11回に左越えソロを放ち4時間43分の激闘を制した。「塁に出ることだけを考えていた。勝利に導けて良かった」。試合後も興奮が収まらなかったのは、この試合に特別な意味があったからだ。

 ルーキー東浜がプロ初登板初先発。4回途中6失点と打ち込まれた亜大の後輩に黒星をつけるわけにはいかない。「何としても負けを消してあげたかった」と5回にも2点二塁打を放った。チームが「熱男」をシーズンスローガンにする2年前の、熱すぎる一発だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ