コロナ感染で入院のゴリけんが現状報告 共演者や家族は「陰性」

西日本スポーツ

 新型コロナウイルスに感染、入院したお笑い芸人のゴリけん(46)が11日、自身のツイッターを更新し現状を報告した。

 感染は6日に所属事務所が発表していた。それによると、3月29日の朝に37・3度の最初の発熱で自宅療養。30日に平熱に下がったことからテレビ場組の収録に参加したが、4月4日の朝に38・0度と再び発熱、福岡県内の医療機関でPCR検査を受け5日夜に感染が判明した。

 ツイッターでゴリけんは「関係各所の皆様には多大なるご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。応援してくださる皆様にも、ご心配をおかけして申し訳ございません。たくさんの励ましの言葉をいただき、感謝してもしきれません」とした上で「診断を受けた2日後に入院する事ができ、今は順調に回復に向かっております。(番組で共演中の芸人)パラシュート部隊や共に生活していた家族はPCR検査の結果陰性で、現状も症状が出ていないと聞き、ひとまず安堵しております」とつづった。

 自身の感染判明後、主な活動拠点の福岡県を含む7都府県に緊急事態宣言が発令された。感染者が拡大し続けている現状を踏まえ、ゴリけんは「現在治療中の皆様の1日も早い回復を祈りつつ、自分も引き続き完全回復に向けて強い気持ちを持って戦いたいと思っています」と記した。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング