準優12R山崎が1枠ゲット 西日本スポーツ杯 【福岡】

西日本スポーツ

 福岡ボートの「西日本スポーツ杯争奪戦」は18日、ファイナル進出を懸けた準優3番を争う。山崎哲司と前沢丈史が繰り広げた激しい首位争いは、予選ラストの12Rで直接対決を制した山崎に軍配。前沢は首位通過へ3着条件と有利な状況だったが、1周1Mでの接触が響いてまさかの4着。わずか1ポイント差でシリーズリーダーのイスを逃した。3位は唯一オール3連対の大沢普司で、2日目から3連勝の武富智亮はあと一歩届かず2号艇回りに。準優の最終ボーダーは6・25とやや高めで、坪内実は得点率6・20をマークしながらも予選突破はならず。前日までのボーダー以下からは、田中伸二、松村康太が勝負駆けに成功した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング