【クローズアップ】勝負のS攻勢!

西日本スポーツ 井上 泰宏

 西山貴浩(32)=福岡=が激しい雷雨もモノともせず、4日目の2走を(2)(3)にまとめてオール3連対で予選突破。「ここだけは譲れなかったから、必死ですよ」。4着で準優1枠を確保という得点状況もしっかりと把握した上で、最低ノルマを上回る結果を残した。

 G1優勝戦のポイントで出場権を争うSGオーシャンカップの選考期間は、4月末まで。ボーダーまであと一歩が必要で、「優出すれば権利が取れる。とりあえず、オーシャン出場を決める」と、こちらの条件も重々承知。大きな勝負駆けだからこそ、圧倒的な信頼度を誇る1枠を勝ち取ったことは大きな意味を持つ。

 「実はS巧者なんですけど、知ってました?」。前節下関周年からの15走で、もっとも遅いSは0・15。「今はマイクを握る機会がないから、レバーを握るしかなくなっちゃいましたからね。Sはめちゃくちゃ行く気で行っている」。得意のマイクパフォーマンスが披露できない以上、成績でアピールするしかない。ファンに対する熱い思いも胸に、渾身(こんしん)のSを叩き込む。 (井上泰宏)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング