ボクシング村田諒太、五輪内定選手に「メダルないと人生変わらない」 オンライン講座で激励

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリストで、世界ボクシング協会(WBA)同級王者の村田諒太(帝拳)が18日、東京五輪代表に内定している選手と世界最終予選で五輪出場権の獲得を目指す計10選手にオンラインで講座を開催した。日本ボクシング連盟が文書で内容を公開した。

 村田は「メダルでないと人生が変わりません」など五輪に向けた心構えなどを説き、選手からの質問にも答えた。男子ライト級で2大会連続の五輪出場を決めている成松大介(自衛隊)=熊本市出身=には「経験は豊富。自分のやってきたことを信じて」などと激励。成松は同連盟を通じて「有意義な時間を過ごせました」とコメントした。

 男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)も「村田選手は自分自身の内面ととても向き合っていると感じた。(五輪)2連覇、もしくはその先を目指して、夢の実現のために頑張りたい」と決意を新たにした。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、練習環境が限られる選手のために同連盟は今後もさまざまな講座をオンラインで開く予定。村田は「アマチュアの選手たちの意識は高かった」と講座を振り返った。(伊藤瀬里加)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング