「3-2」ちょっと大人になったダンスを  HKT月イチ活動報告(下)

西日本新聞 古川 泰裕

 桜吹雪に背中を押されながら、さまざまな場所で新たなスタートが切られた春。HKT48も新運営会社「Mercury」の下で再出発。昨春卒業した指原莉乃とともにグループを導いてきた劇場支配人の尾崎充氏が退任し、1期生の本村碧唯(22)や村重杏奈(21)は、その意志を受け継ぐべく自覚と決意を新たにする。また、ビジュアル系ユニット「Chou」に所属する3期生・山下エミリー(21)は、新曲のミュージックビデオ(MV)撮影中も仲良く過ごす様子を紹介。「加入期を問わず仲が良い」HKTならではの風景が生み出される理由の一つを、村重が明かす。(古川泰裕)

アホしているばっかりじゃないんだぞ

 -今回はどんなダンス?

 本村「私はすごく好きなダンスです(笑)。みんなの後ろで踊っていて、気持ちいいですね。楽しんで踊っています」

 村重「(山下に)お湯、お湯」

(背後のウオーターサーバーから紙コップにお湯をつぐ山下)

 村重「(受け取りながら)熱湯じゃねえか」

 本村「めっちゃ湯気(笑)」

 村重「何? 殺す気?」

 山下「お湯って言ったから(笑)」

 村重「もうちょい水、水」

 -今までのHKTのダンスとは違う?

 本村「飛び跳ねたり、体全体を使う、めちゃめちゃ動くっていうダンスが多かったんですけど、今回は手の表現だったり、女性らしさを出したり、体のラインを出したり…っていう、見せ方が難しいダンスですね。今まで私たちがやってきた種類とは別で、一歩大人になったようなダンスです。ラインとか、手の表情とかをすごく大事にするダンスで、私はすごく好き」

 山下「私も好きです」

 本村「やっていて楽しい」

 村重「めっちゃ疲れるけど」

 本村「そうだね。今まで使っていないような、体の中の筋肉を使ったりするので、疲れるは疲れる」

 -1年待ったかいがあったような変化

 本村「『意志』の時も新しいHKTを見せる感じではあったんですけど、それとはまた違う、ちょっと大人になったHKTを見せられると思うし、今まで以上に練習してダンスをそろえてきているので。本当にタイミングとかもすごく大事なダンスなんですよ。みんなの息をそろえないといけないところもいっぱいありますし。正直、今までのキャピキャピした感じだったら、そんなに細かいところまで合わせなくてもできるような振り付けだったんですけど、今回は本当に細かいところまでそろえて、息をぴったりにしていかないときれいに見えない振り付けなので。そういう一面を見せていけたら。HKTはできるんだぞって、アホしているばっかりじゃないんだぞって(笑)見せられたらいいですね」

 -「3-2」の内容について

 本村「HKTには珍しく悲しい感じなんですよ。笑わないですし、自分たちも『不思議だな』って思うくらい新しいです」

 -歌詞の内容は三角関係

 村重「仲のいい3人の中で男の子と…」

 山下「女の子が付き合っていて…」

 本村「でも自分はその女の子のことを好きになっちゃって…」

 村重「だから『3-2』だと僕だけが孤独、孤独が残る、っていう」

 本村「だから悲しいんです。実らない恋の三角関係の歌です。不思議ですよね。今までのHKTにない。片思いとかはあったけど、初々しい感じだった」

 山下「いろいろなことが連想できますよね、『3-2』って」

自ら働きかけた村重杏奈(左端)の事務所移籍を発表、村重をハグする指原莉乃=2019年4月、横浜市

「独り立ち」の春、先輩がちゃんとしないと

 -指原莉乃さんからの卒業を掲げた2019年は『意志』を歌い続けた。2020年は尾崎充劇場支配人が退任し「独り立ち」の空気も漂う

 村重「いろいろ変化がありましたもんね。尾崎さんがいなくなって…。なんだろう、親から俺らが巣立った、みたいなテンション。いよいよ自分たちが、先輩がちゃんとしないといけない感じになってくるんだろうなって思いますね」

 本村「いっぱい導いてくれていたからね。こっちだよ、こういうことをするんだよ、した方がいいんだよ、って導いてくれていた人たちがいなくなっていくと…。不安もありますけど、教えてくれたこともいっぱいあるので、それを信じて自分たちでやっていくしかないなって感じですね。そんなに遠くにいくわけじゃないので、何かあれば相談もできますし」

 -導かれてきたとはいえ、グループをつくってきたのはメンバーたち自身でもある

 本村「こういうHKTの雰囲気をつくってくれたのはさしこちゃん(指原莉乃)とか尾崎さんの存在があったから、近くにいて、いろいろお話してくれたからだと思うので、それをつなげていけたらいいですね」

 村重「これから入ってくる後輩たちは、尾崎さんとかさしさん(指原)の教えを知らない子たちになってくると思う。それを一番知っているのは、やっぱり1期とか2期とか3期だと思うので、そこらへんがしっかりしてちゃんと…。さしさんとか尾崎さんって、怒るときはちゃんと怒るし、褒めてくれるときはちゃんと褒めてくれるので、私たちもそういう感じを教えていけたらと思います」

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング