ラジオでよみがえる西武松坂の怪物伝説 衝撃デビュー戦&イチロー初対戦、名言も必聴

西日本スポーツ

■あすから2戦

 14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手(39)の伝説のピッチングがよみがえる。1982年から「文化放送ライオンズナイター」でラジオ中継を続ける文化放送が21、22日、松坂が活躍した2試合をヒーローインタビューを含めて、当時の中継をほぼ完全再現する。放送地域ではない九州などでもパソコンやスマートフォンでラジオが聴けるサービスradiko(ラジコ)で聴くことが可能だ。

 21日の放送は1999年4月7日の日本ハム戦(東京ドーム)。甲子園を沸かせた「平成の怪物」のプロデビュー戦は大きな注目を集めた。片岡篤史から155キロの内角高め直球で空振り三振を奪ったシーンはあまりに有名。8回2失点の好投でプロ初勝利を挙げた。

 22日の放送は同年5月16日のオリックス戦(西武ドーム)。「自信が確信に変わった」という名言を生んだ一戦だ。史上初の5年連続首位打者に輝いたイチローとの初対決。3打席連続三振を奪い、8回まで13奪三振と快投をみせた。ヒーローインタビューも注目だ。

 両日ともに午後5時55分から。文化放送は今季も平日はナイター中継を放送する予定だったが、開幕の延期で異例の“再放送”が決まった。同社は「過去の試合をほぼ完全な形で再現するのは初めてのこととなります」と説明した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング