プロ野球の無観客開幕「どこも反対ない」 観客ありは「ずいぶん先じゃないか」

西日本スポーツ

 プロ野球は23日、12球団代表者会議をオンラインで行い、新型コロナウイルス感染拡大で6月以降に延期となっているセ、パ両リーグ公式戦の開幕について協議した。

 斉藤惇コミッショナーは会議後の記者会見で「全国に緊急事態宣言が発出されている状況下、今日の時点で開幕日を設定するのは無理だろう」とし、4月下旬から5月上旬を目指していた開幕日の決定は、政府から全国に緊急事態宣言が発令されている状況から、次回5月11日に予定する次回の代表者会議まで持ち越した。

 また「状況から考えて、お客さんを入れないで。まずはやっていこうということに、どこも反対はない」と無観客で開幕する方向を説明。「決めごとはしていない」としながらも「財政的な問題は当然考えなきゃいけないが、今はスポーツ、野球を通して、全国の皆さんに元気になっていただき、明るい話題を持ってもらいたいという気持ちが全球団、強い」と強調した。

 公式戦の無観客開催は、オープン戦に続いてプロ野球史上初。無観客で開幕後、入場制限などしながら観客を入れ始める際の判断基準について斉藤コミッショナーは「どうやって無観客でも開幕するかという段階ですから。入れるっていう話はまだ先のこと。ずいぶん先になるんじゃないかと思いますけどね、それは」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング