覚えていますか?「これ、シャレにならんぞ」西武増田1年前の誕生日の事件

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の増田達至投手(32)が23日、バースデー自主練習を行った。メットライフドームで武隈とキャッチボールや遠投を行った後、平井も交えて内野ノックを受けた。体の状態も上々で、「(テーマは)キャンプと同様体づくり」と汗を拭った。

 開幕の延期で今年は静かな誕生日を迎えたが、昨年の死闘を思い返していた。昨年4月23日のロッテ戦(ZOZOマリン)は延長12回の末9-9のドロー。5時間21分の激闘を演じ、増田は10、11回を無安打無失点でバースデーに好投を披露した。宿舎に戻るバスに乗り込んだときには日付が変わり、金子侑の誕生日(4月24日)になっていた。

 「同点の場面で10回裏のマウンドに上がったら、レフトスタンドから応援団がハッピーバースデーを演奏してくれた。これ、打たれてサヨナラ負けはシャレにならんぞって思いました。その回を抑えてベンチに戻って、すごく安心してホッとした。そうしたら(当時の)小野投手コーチが『もう1イニング行くぞって』。無事に2イニング抑えられたけど、本当に緊張した試合だった」

 ひげを蓄えている守護神は「早く開幕を迎えたいし、まずは早く全体練習を始めたい。その日までひげは伸ばしておきます。全体練習再開の日にはそってきます」と笑った。緊張感バチバチのマウンドに備えて、自主練習に励んでいる。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング