佐賀がB2に昇格 新型コロナ影響でリーグ打ち切り自動昇格

西日本スポーツ 末継 智章

 バスケットボール男子のBリーグは24日、今季3部(B3)で最高勝率だった佐賀バルーナーズが来季2部(B2)に参入すると発表した。同日の理事会で行われた2020~21年シーズンの資格審査でB2ライセンス交付が承認された。佐賀市内で会見した竹原哲平社長は「チームを信じて来てくれた選手にありがとうと言いたい」と喜びを語った。

 2018年に発足した佐賀は19~20年シーズンにB3へ参入。今年1月中旬から11連勝し、30勝10敗の首位に立った3月に新型コロナウイルスの影響でシーズンが打ち切られて順位が確定。本来は行われるはずだったB2最下位との入れ替え戦もなくなったが、B2の東京EXにライセンスが交付されなかったため“自動昇格”を果たした。

 22年には佐賀市内に1部(B1)の要件を満たす新アリーナが完成する予定で、今後はB1昇格が目標になる。(末継智章)

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング