1R紫原&2R加倉 久留米勢ベテラン2人で“連勝”

西日本スポーツ

 3日目のモーニングレースは、久留米のベテラン2人が勝負強さを発揮した。まず1Rで紫原政文が九州ラインの3番手から強襲を決めると、続く2Rは加倉正義がHSから捲った大西貴晃をきっちりと差し切った。競輪界はコロナ禍のまっただ中。先が見えない暗いムードが漂うだけに「久留米で連勝? 少しでも明るい話題が提供できたのであれば、うれしいね」と紫原が笑顔で話せば、加倉は「今月初出走で、次のダービーが中止。本当に勝てて良かった」と、久々の賞金ゲットに胸をなで下ろしていた。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング