荒尾地元でSG初V オールスター 【飯塚】

西日本スポーツ 三島 隆助

 ナイター開催の飯塚オートのオッズパーク杯SG第39回オールスターは最終日の29日、最終12Rで優勝戦(1着賞金1300万円)があり、地元エースの荒尾聡(38)=飯塚=が1枠から1角先取りこそできなかったが、5周回目に先頭に立ち、後続を引き離した。大会は連覇で、SG通算では4度目のVを挙げた。地元でのSG制覇は初めて。2着は青山周平(35)=伊勢崎=が入り、3着は篠原睦(42)=飯塚。5日間の総売上額は14億1609万円で目標額(9億5000万円)を大幅に上回った。

ヒーロー

 荒尾聡が地元飯塚でついにSGタイトルを手にした。「ずっと取りたかった。飯塚でSGを取るのがファンへの一番の恩返しと思っていた。今回はコロナで無観客だったし、前回覇者だし、地元だし…。いろんなプレッシャーを感じながら戦ってきた。そんな中での優勝は意味がある」。そう言うと大きくうなずいた。

 Sのタイミングは「ドンピシャ」だったが、他も早く中団から追う展開。それでも全く慌てることはなかった。着実に番手を回復すると、5周3角で先頭を行く篠原睦にこん身の切り込みを敢行し先頭へ。「試走からエンジンの手応えはあった。先頭に立ったら抜かれない自信はあった」。その言葉通り、後続を全く寄せ付けず1着ゴールした。

 悲願は成就させたが、今年のSG戦線はまだ始まったばかり。「SGを勝った後が大事。情けないレースはしないように頑張りたい」。さらに一回り大きく成長した地元エースが、これからのグレード戦線をリードする。 (三島隆助)

 ◆荒尾聡(あらお・さとし)1981年6月28日生まれの38歳。福岡県出身。2001年4月デビューの27期。07年川口オールスターでSG初制覇。通算792勝、58V(SG4、G19、G28)。170センチ、60キロ、B型。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング