ソフトバンク高橋純「右肩の痛みない」次クールで立ち投げも

西日本スポーツ

 右肩炎症のためリハビリ組で調整している福岡ソフトバンクの高橋純平投手(22)が30日、ペイペイドームでの自主練習後に取材に応じ、次のクール(5月3~5日)でブルペン投球を予定していることを明かした。

 3月中旬に右肩の炎症を起こし、同下旬にリハビリ組へ合流した右腕の回復は順調。「今は遠投までできているし、痛みはない」と表情は明るい。「次のクールではブルペンで立ち投げができると思う。時間はあるので慎重に少しずつペースを上げていきたい」と見通しを語っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ