五輪メダリストが語る五輪延期 バレー元代表迫田さおりさん「心でつないで」

西日本スポーツ

 東京五輪で2大会ぶりのメダル獲得を目指すバレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)は今年、五輪3大会連続出場中のベテラン荒木絵里香(35)=トヨタ車体=を新主将に据え、ギアチェンジでチームづくりを加速させようとしていたところで来夏への延期が決まった。2012年ロンドン五輪銅メダリストで、現在は解説などで活躍する迫田さおりさん(32)=鹿児島市出身=を電話インタビュー。五輪延期を「心のつながりを深める1年に」とプラスに捉え、現役時代に所属した東レや日本代表の後輩たちにエールを送った。(取材・構成=西口憲一)

【後編】

 -五輪延期が決まったことでバレーボールの魅力を再認識する1年にしたい。

 「つなぐ」という意識は日本代表であっても、Vリーグであっても、ママさんバレーであっても変わらない。日本代表だって監督、その年々のチーム編成によってスタイルは変わる。でも「ボールをつなぐ」ことだけは変わらないし、貫かれていると私は思います。それがバレーの一番の魅力ではないでしょうか。

 社会全体がこういう状況で、学校の子どもたちもバレーをできない日々が続いていますが、バレーって本当に楽しいんです。ボールが床に落ちないように懸命に拾って、トスを上げて、決める。どれが欠けても点にはならない。決まったときは皆で喜び合える。心でつないでこそ、だと。

 だから、私は「心(こころ)」という言葉が大好きです。口にもしやすいし、バレーに最もなじむ言葉だと自分の中で現役時代から大切にしてきました。

 -同じアタッカーとして期待している選手は。

 東レの後輩でもある黒後(愛)選手には先頭に立って、力強く引っ張ってほしい。21歳の彼女が今後どんな風にスタイルを確立させるのか想像するだけでも楽しみ。

 石川(真佑)選手は最初、あの(男子代表のエース)石川祐希選手の妹として見られていたと思うんです。でも、着実に「石川真佑」として伸びていっている。目は意志を表す、とも言いますが、魅力的。背(173センチ)が高くなくても(ブロックなど相手への)対応力も含めて常に勉強している印象がある。

 古賀(紗理那)選手にも輝いてほしい。負けず嫌いですし、昨秋のワールドカップで味わった悔しさを晴らそうと期するものを感じます。

 リオで一緒にプレーした石井(優希)選手、鍋谷(友理枝)選手も頑張ってほしい。あれだけスパイクを打てて、レシーブでも粘り強い石井選手の力は不可欠。鍋谷選手のメンタリティーの高さも尊敬します。気持ちのつくり方が難しい途中出場でコートの雰囲気を一変できるのは彼女の武器だと思います。

 -五輪の1年延期はどう作用するか。

 バレーは団体競技でも、個々の「心技体」の上に成り立っている。まずは技を磨く時間が増えたのは素直にプラスと受け取っていいと思います。今まで取り組んできて、ものにしきれていないテクニックや動きはあるはずです。それを100パーセント、自分のものにして、来夏私たちをアッと驚かせてほしい。

 体だって弱かった部分をトレーニングで鍛えられる。技を身に付けるために必要な土台づくりを鍛える時間ができたと考えれば、一日たりとも無駄にしたくない。

 -代名詞の「バックアタック」でファンを魅了した迫田さんも、現役時代と変わらない体形をキープしている。

 私は、きっとアスリートとしては失格ですよ(笑)。恥ずかしいことに体についてしまうものは本当につくんだと、実感しています(笑)。

 現在、ブランドアンバサダー契約を結ばせていただいている(スポーツメーカーの)ミズノさんの公式ツイッターで「ステイホーム」を呼び掛けています。私もお家でのトレーニングで巣ごもりストレスを吹き飛ばそうかな。いろいろと試してみようと思います!(おわり)

 ○…迫田さんは女子日本代表の主要大会をはじめ、Vリーグや「春高」のテレビ解説、クリニックを通してバレーボールと向き合いながら、生まれ育った鹿児島を中心に活動の場を広げている。

 鹿児島放送(KKB)の「ですです。」や南日本放送(MBC)の「週刊1チャンネル」にも月1レギュラーで出演中。一日も早く平穏な日々が戻り、全国を駆け回る日を心待ちにしている。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング