清水らが寄付

西日本スポーツ

 JKAは1日、新型コロナウイルス感染症対策にと、いずれも105期の清水裕友(山口)渡辺雄太(静岡)石塚輪太郎(和歌山)の3人が、計200万円を日本赤十字社に寄付したと発表した。3人は「現場の医療関係者の気持ちを察し、私どもに何ができるかを考えた。選手たちは今、開催か中止かの決定を待つだけの不安な状況にいるが、待つだけでなく、自ら何かできないかと同期3人で話し合って寄付を決めた」とコメントした。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング