プロ野球選手はどんなものを食べている? 西武のレシピ第1弾はピラフ

西日本スポーツ

 西武は2日、球団の管理栄養士が監修した「ライオンズレシピ」を公開した。新型コロナウイルスの感染拡大により自宅で過ごす時間が長くなったファンのために、健康を気にする中で楽しく料理をしながらバランスの良い食事ができるように企画。球団公式サイトやツイッターなどでレシピ、動画が見られる。全5回の予定。

 第1回は「さばときのこのカレーピラフ」。健康な骨を維持するために必要なビタミンDは、日光を浴びることにより体内でつくられるが、外出制限が続き不足しがちな栄養素のひとつという。

 さばときのこ(ぶなしめじ)にはビタミンDが豊富に含まれており、強い骨をつくるのにぴったりな食材だ。動画では作り方のほか「レオのヒトクチメモ」としてアレンジ方法なども紹介されている。

 球団管理栄養士の虎石真弥さんは、「外出自粛によって自宅で過ごす時間が長くなっている今、改めて自分の身体を守る、自分の身体をつくる毎日の食を考える機会といえます。それはスポーツを頑張る子供たちも同じ。著しい体の成長に加え、パフォーマンスを高めるための栄養補給を考えてみませんか」などと球団を通じて呼び掛けている。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング