ソフトバンク・ドラ5柳町「積もる話あった」慶大黄金時代4人衆でテレビ電話

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクのドラフト5位、柳町達選手(23)が3日、筑後のファーム施設での自主練習後にオンライン取材に応じた。1週間ほど前、自身と同じ慶大から今年プロ入りした同期3人とテレビ電話したことを明かした。

 発案者は楽天の津留崎で、中日の郡司、ロッテの植田との4人で1時間半ほど話した。「いま何をしていいか分からない、先が見えないよねと。そういうところは不安なんだな、大変なんだなと感じました」と同じ思いを共有。「会う時間がなくて積もる話もあったので」と盛り上がったという。

 慶大から1年で4人がプロ入りしたのは過去最多。「黄金世代」の可能性を秘めた4人衆は、コロナ渦に負けないようにプロでも共闘していく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ