「奥さんがめっちゃきれいで」イニエスタの話をJ2福岡増山が披露

西日本スポーツ

 J2アビスパ福岡の選手たちが3日、新型コロナウイルスの影響で自宅待機が続くアビスパのサッカースクール生とオンラインで交流した。

 今季J1神戸から期限付き移籍で加入した福岡市出身の増山朝陽(23)は、実家近くで活動している博多校の子どもたちからの質問に答えた。ドリブルは友達との1対1などで磨き「家でも新聞紙を丸めてリフティングしていた。今もベランダにある。テニスボールなど、(サッカーボールと)違うもので足の感触を磨くことはすごく大事」と、自宅待機中の練習法を紹介した。

 神戸でチームメートだった元スペイン代表MFイニエスタの話題にもなり「サッカー選手としては宇宙人レベルで次元が違う。性格はすごく穏やかで優しく、周りも気を配る」と説明。さらに「奥さんがとにかくめっちゃきれい。一目ぼれしたらしく、めっちゃ口説いたらしい」と明かした。

 ゴールを決めるたびにプロ野球福岡ソフトバンク・松田宣浩内野手の「熱男」ポーズをしているスクール生が紹介されると、増山は「僕らもみんなで『熱男』をします」と誓い、ポーズを披露。子どもたちに「みなさんもサッカーができなくてストレスがたまっていると思うけど、この時期は必ず終わる。サッカーができるようになったらまた楽しくやってほしいし、僕も遊びに行きたい」と直接会える日を願った。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング