ムネリンも絶賛の才能、上林誠知のルーツ 甲子園を驚かせたイチローばり曲芸打ち

西日本スポーツ

 プロ野球選手が球児だったころを振り返る西日本スポーツの企画「高校野球メモリーズ」。今回は上林誠知外野手(宮城・仙台育英ーソフトバンク)の高校時代を追う。(随時掲載)

   ◇   ◇   ◇

 日本代表で世界の頂点に立つ喜びを味わい、メジャーでもプレーした川崎宗則が驚きながら口にした。「ついにホークスはすごいモンスターを生み出した」。古巣ソフトバンクで日本球界へ復帰した2017年。1軍の舞台へ戻ってきてまもないころ、2試合で3発10打点と神懸かり的な活躍を見せた上林誠知を形容して出た言葉だった。

 さかのぼること4年前の春、甲子園。まだプロになる前のモンスターがマンモスの大観衆を驚かせた。創成館(長崎)との2回戦で、ベース手前でワンバウンドした変化球を中堅右へと打ち返す2点二塁打。曲芸とも評されたこのプレーは、その後もたびたびニュースで取り上げられた。

 1年秋から4番に座り2年夏、3年の春、夏と甲子園の土を踏んだ。チームはいずれも優勝に届かなかったが、能力の高さは当時から注目されていた。本人はあのワンバウンド打ちを「ボール球に手を出した」と反省する。それでも、高校野球ファンにとっては色あせない記憶として残っているだろう。

 背番号は憧れのイチローと同じ51。そのイチローがオリックス時代に披露したこともあるワンバウンド打ちを、決して全国区ではなかった高校生が甲子園の大舞台でやってみせた。プロ入り後も無意識かどうかはともかく、不意に見かける悪球打ちでスタンドをどよめかせたことがある。

 日本代表、そしてマリナーズで尊敬するイチローと同じユニホームに袖を通した川崎が、イチローに憧れる背番号51に新しい愛称をプレゼントした。17、18年と規定打席をクリアした上林は、昨年はけがをきっかけに低迷。あの甲子園のマンモスを驚かせたモンスターはいま、開幕が見えない中で巻き返しに向けて爪を研いでいる。 (敬称略)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ