西武は自主練継続 辻監督「今は耐えなければ」

西日本スポーツ

 西武は4日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の延長を受け、7日以降も自主練習を継続すると発表した。これまで通り球団施設を週4日(月、火、木、金)のみ開放し、午前と午後の2班体制を続ける。辻監督は球団を通じ「一日も早く全体練習を再開できる環境になることを願うばかりだが、今は選手一人一人が耐えなければいけない時期だと思う。チーム全員が強い気持ちをもってこの難局に臨んでいく」とコメントした。

 ベテランの栗山は「ゴールデンウイークはシーズンの中でも幸せを感じる時期の一つでもあった。『こどもの日』にたくさんのちびっ子や野球少年と球場で会うのが楽しみだった。今は我慢して、必ずまた球場でお会いしましょう」とコメント。中村も「5日は『こどもの日』。外で遊んだり、スポーツをしたりすることができないのは残念だが、必ず終息することを信じて今は待ちましょう。皆さんの前でホームランを見せたいと思う」と子どもたちを思いやった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング