西武辻監督、1カ月ぶりに直接見たナインの顔に「元気そう。安心しました」

西日本スポーツ

 西武の辻発彦監督が7日、本拠地メットライフドームを訪れ選手の自主練習を初めて視察した。

 新型コロナウイルス感染拡大でチームが全体練習を行ったのは4月2日が最後。翌日から3日間の自宅待機を経て、同6日から自主練習となっている。

 チーム全体の活動がストップして1カ月以上が経過し、選手の動きを見守った辻監督は「久しぶりに選手たちの顔を直接見たけど、元気そうで良かった。自主練習なので不便なところもあるだろうけど、まずは彼らの顔を見て安心しましたね」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング