メジャー119勝ペニー1試合で退団 たった64球でサヨナラ/復刻

西日本スポーツ

 ◆日めくりソフトバンク 誕生15周年

 ソフトバンク球団は今年15周年。球団がソフトバンクとなった2005年からの出来事を、過去の西日本スポーツ掲載記事で振り返ります。

 2012年5月8日の出来事は…。

   ◇   ◇   ◇

 メジャー通算119勝の実績を携えて新加入したペニーの契約途中での退団が発表された。

 わがままな行動が目立った右腕の出場は4月4日の1試合だけ。4回途中6失点で右肩痛を訴え自ら降板した。日本でも、希望して一時帰国した上で受けた米国での検査でも異常がなく、最後は球団も把握しないうちに無断帰国していたという。

 米メディアでは基本給400万ドル、出来高350万ドル、日本の球団と初めて契約する米国人では史上最高額の計750万ドル(約5億7000万円=当時)とも報じられたが、ソフトバンクは2月からの3カ月分だけ支払い、シーズン中は日本の他球団でプレーしないことで合意した。

 日本で残した成績は1試合で64球を投げ0勝1敗、防御率10・80。1球=100万円を優に超える高い買い物だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ