田中みな実もお墨付き ドラマ『M』の眼帯そっくりと話題のお菓子、製造元に聞いてみた

西日本スポーツ

 福岡土産として人気の菓子「博多通りもん」がネット上でにわかに注目を集めている。テレビ朝日とAbemaTVによる共同制作ドラマ「M~愛すべき人がいて」(土曜午後11時15分~)に登場するキャラクターが着用する眼帯に見た目がそっくりという理由だ。この菓子を販売する明月堂(福岡市)もノリノリで、公式ツイッターに商品サンプルを眼帯に見立てた写真を投稿している。

 ドラマは福岡市出身の浜崎あゆみが歌手として成功するまで、その間の出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説が原作。主人公のアユとプロデューサーのマサを中心に進む物語の中で話題となっているのが田中みな実演じるマサの秘書、姫野礼香の奇怪な行動の数々だ。

 姫野が右目に着用している薄茶色の眼帯に対し、ツイッター上では「通りもんに見える」という声が相次いだ。他にも「みかんの皮」「鳩サブレー」などといった感想が並ぶが、田中は自身が出演したラジオ番組で「一番質感とか似ていると思っている」と、博多通りもんに“お墨付き”を与えた。

 明月堂の担当者も反響に驚くとともに「話題に上がってくれることはうれしい」と感謝する。4月に開設した公式ツイッターは他の企画が好評だったことに加え“眼帯効果”も手伝い、フォロワー数がすでに3万を超えた。

 明月堂の菓子は各地の観光地などでも土産として売店に置かれるが、かき入れ時だった今年の大型連休は新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が要請されたこともあり観光客は激減。「こちらとしてもゴールデンウイークの行き先を失った中、ユーモア交じりで」と博多通りもんを同ドラマの関係者に差し入れした。すると、ドラマのファンを公言するタレントの伊集院光が自身のインスタグラムに博多通りもんと“眼帯ポーズ”を取った写真を投稿。第1話のリミックス版が放送された9日は解説で伊集院が登場し、放送中に明月堂のサイトがアクセスしにくくなるなどさらに注目度が高まっている。

 田中演じる姫野は「許さなーーーい」「メモリーオブマサ」など劇中で数々の名言を放っている。撮影スケジュールの関係で第4話以降の放送は延期となったが、明月堂の担当者は「せっかくのいいお話なのでうまく盛り上げられたら。(浜崎とは)福岡つながりもありますし…」と語った。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング