鳥栖FW豊田オファー3度目で生配信やっと登場 終始マスク姿のワケ

西日本スポーツ

 J1サガン鳥栖の元日本代表FW豊田陽平(35)が10日、クラブの公式インスタグラムで行われたライブ配信に出演した。

 新型コロナウイルスで外出自粛が続く中でMF高橋秀人(32)が不定期に行っている、ゴールシーンを振り返る企画の第3弾。高橋秀は初回から鳥栖の象徴的存在である豊田にオファーを出しており、3回目での実現となった。

 豊田はなかなか出演できなかった理由について「いつも練習している時間や、移動している時間もスマホを見ている回数が増えているなと感じた。この時期だからこそ、あえてスマホ時間を減らすことに取り組んでいる」と明かした。

 終始マスク姿で出演した豊田。高橋秀に「なんでマスクを?」と突っ込まれると「母の日なので、母から送ってもらったマスクを初めてつけた。見ていないと思うけど、感謝しています」と母の日にちなんで感謝の気持ちを届けた。

 J1通算98得点(J2では53得点)を挙げている豊田は、昨年8月のアウェーC大阪戦で終了間際にカウンターから決めた決勝点について解説。パスを受けたときに一度シュートを打とうとしたが、ワンテンポ、タイミングを遅らせたことを明かした。

 理由については「最初に打とうと思ったところは相手GKの間合いだなという感覚だった。シュートコースはあるけど絶対に止められるという(感覚)。FWをやっていたら分かると思う。(逆に)自分の間合いになれば、いいコースでなくても止められない」と語り、高橋秀をうならせた。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング