元「フジカキ」バド藤井瑞希さん 注目集めるテクニック動画、続々と公開できたワケ

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 東京五輪でメダル量産が期待されるバドミントンの代表選考レースは、終盤で新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中断した。2012年ロンドン五輪女子ダブルスでバドミントンでは日本勢初の五輪メダルとなる銀メダルを獲得した藤井瑞希さん(31)=熊本県芦北町出身=が西日本スポーツのオンライン取材に応じ、1年延期された五輪の代表争いについて語ったほか、代表の後輩たちや集大成となる大会が中止となった中高生にエールを送った。 (取材、構成=伊藤瀬里加)

「ユーチューブ」で技術動画など話題

【バドミントン】初心者の方も必見!ロブのコツ【ロブ/ロビング】

 -「ユーチューブ」に投稿した技術動画が注目を集めている。

 3月上旬くらいに撮りました。コロナの話が出始めた時期。東京五輪に向けて技術動画を出したかった。記者の方やバドミントンを知らない方に技術を覚えてほしいと思って撮影した。

 -結果的に自粛期間には最適なコンテンツとなった。

 皆さんに提供できるものがあってよかった。技術動画はずっとやりたかったけど、編集が難しい。3月に体育館が取れて、6~7時間かけて一気に全部撮りました。バドミントンの基礎的なもの。バドミントンを見る機会が増えた一般の人たちがいるのではないかと東京五輪までには出そうと思っていた。

 -反響は。

 全中(全国中学校体育大会)やインターハイ(全国高校総合体育大会)がなくなって、保護者から選手たちがショックを受けているというメッセージをもらった。でも「全中はなくなったけど、高校でも続けるので、藤井さんの動画を見て勉強しています」などと言ってもらえることがあり「よかったな」と思う。

 -中高生は目標を失い、難しい状況にある。

 私自身も高校生の時、五輪選手になりたいとはほとんど考えていなくて、インターハイで優勝することだけだった。そういう自分を振り返ると、大会がなくなった選手に何と声を掛けていいか分からない。ただ、今は目標を失って悲しい気持ちの選手が多いと思うけど、五輪選手になった私だってバドミントンをやめてから先の人生の方が長い。バドミントンが全てではないというか、競技を通して何を学ぶかが大事だと思う。

 -悔しい経験を次のステージにどう生かすかが大事になる。

 競技を通してどんなことを学んだかということを考えられるようになったら、その競技をやっていてよかったと思えると思います。

延期は仕方ない 選手少し安心かも

 -東京五輪も1年延期が決定した。

 今の状況からすると仕方がないかなと思う。中止かも、というのもあった。延期は選手からすると少し安心では。

 -では延期のデメリットは。

 調整し直さないといけない。五輪選考レースは1年間延びた。もうすぐ(代表入りが)決まる寸前の選手が多かったので、メンタルの維持が難しい。

 -逆にメリットは。

 あと1年あるので、もう一度フラットな気持ちになって新しいことに取り組む時間ができたと思えれば、メリットになるのかなと思う。

 -1月の交通事故で負った右眼窩(がんか)底骨折などからの復帰を目指す男子の桃田賢斗(NTT東日本)には大きな1年になりそうだ。

 けがをする前はフィジカルのコンディションも良かったけど(事故後は)なかなか試合ができていなかった。でも、五輪までに元に戻る時間はある。桃田選手に関しては、長い時間をもらえたことはプラス。

 -1年後、世界の勢力図に変化はありそうか。

 それほど変わらないのでは。日本も変わらないし、世界を見てもこの1年でガラッと変わることはないと思う。

 -藤井さんが活躍した女子ダブルスでは、リオデジャネイロ五輪金の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、世界選手権2連覇中の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、ツアー中断直前の全英オープンを制した福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が激しく争っている。

 高橋、松友組は、1月から「チャンスでは」と思った大会がいくつかあったけど、そこでうまく結果を残せず、少しもったいなかった。福島、広田組は(ビッグタイトルの全英を取って)一皮むけた姿が見られた。勢いがあっただけに(中断は)もったいない。永原、松本組もプレッシャーがある中で成績を残したイメージがある。

 -選考レースの再開時期や選考方法など不確定要素も多い。今後の過ごし方で大事なのは。

 すごく難しい。選手たちが一番不安。思い詰めすぎずに、気持ちを五輪に向けるのではなく、この状況でも穏やかに過ごせるように、と考えた方がいい。状況を受け入れた中で過ごすというか…。感染が終息して練習ができるようになってから五輪に向けたプランを立てても十分大丈夫。変なストレスを抱えないようにしてほしい。あまりピリピリせず、一回リセットしてフラットに考えてもいいと思う。

ワールドツアー中断で五輪選考もストップ

 バドミントンの東京五輪出場枠は4月28日付の世界ランキングで決まる予定だった。だが3月の全英オープンを最後にワールドツアーが中断し、世界ランキングも一時凍結されている。

 現時点で最後に発表された3月17日付の世界ランキングでは、男子シングルスで桃田が1位。女子シングルスは山口茜(再春館製薬所)が3位で、奥原希望(太陽ホールディングス)が4位。男子ダブルスで園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が4位で、遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が5位。激戦区の女子ダブルスは福島、広田組が2位、永原、松本組が3位、高橋、松友組が7位だった。

 五輪選考ポイントに関する措置は発表されておらず、代表争いは宙に浮いている。現在、日本代表は活動ができず、選手は所属先での調整となっているが、体育館が使えないチームもある。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング