ソフトバンク川瀬がプロ注目の弟にエール「先頭に立ち引っ張れ」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの川瀬晃内野手(22)が12日、福岡県筑後市のファーム施設での自主練習後、オンライン取材でプロ注目の母校・大分商高3年のエース、弟の堅斗投手にエールを送った。

 今年の選抜高校野球大会への出場が決まっていた大分商高だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大会は中止となった。電話で頻繁に連絡を取り合っているという川瀬は弟の当時の様子について「選抜に出られないということですごくショックを受けていた」と振り返る。

 夏の甲子園の開催可否も不透明なままだ。「高校は今もまともに練習ができていないと聞いた。弟には『おまえがキャプテンとしてショックを受けていたらみんなも引きずる。先頭に立って引っ張れ』と伝えました」と力強いアドバイスを送ったことを明かした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ