峰が得点率トップ 開設68周年記念 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのG1開設68周年記念「全日本王座決定戦」は13日、準優入りを懸けた予選ラストの4日目を迎える。3日目を終え、得点率トップは峰竜太。連勝は「3」でストップしたが、唯一オール2連対を守る。4戦3勝の馬場貴也と石橋道友に、春園功太が僅差で続くが、4日目に1号艇が巡ってくる篠崎元志や菊地孝平も準優1枠を視野に入れる。準優ボーダーを6・00と想定すると、当確は5人。ボーダー上の秦英悟、永井彪也は踏ん張りどころ。ボーダー下からはドリーム組の吉川元浩、地元の川上剛、池永太、西山貴浩が勝負駆けに挑む。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング