西武が何度も使えるマスクカバー販売 山川がPR、ユニホーム生地ならではの「3メリット」

西日本スポーツ

 西武は14日、選手が着用しているユニホームの生地を使用したマスクカバー「埼玉西武ライオンズ オリジナルマスクカバー」の予約販売受付を球団の公式オンラインストアで15日から始めると発表した。

 販売するのは「L」のイニシャルマーク、「Lions」のワードマークをそれぞれあしらったベーシックタイプと、山川、外崎、源田、金子、森の計5選手の名前と背番号をプリントしたプレーヤーズタイプで計7種類。耐久性や速乾性に優れたポリエステル生地のため洗濯して複数回使用することも可能だ。

 いずれも税込みでベーシックタイプ1070円、プレーヤーズタイプ1290円、1種類5枚まで購入可能で7月中旬に届けられる予定。販売によって得た利益は全額を埼玉県の新型コロナウイルス感染症対策推進基金に寄付し、医療従事者や医療機関の活動支援などに役立てられる。

 山川は球団を通じたコメントで(1)丈夫(2)すぐ乾く(3)軽いの3点をアピール。「僕たちが着ているユニホームと同じ生地で作ったマスクカバーが販売されることになりました。丈夫ですぐ乾くので何度も使っていただけますし、とても軽いので普通のマスクの上からつけても違和感がありません! ライオンズのマスクカバーをつけて少しでも明るい気持ちになっていただけたらうれしいです。厳しい状況が続きますが、ともに乗り越えていきましょう」と呼び掛けた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング