峰 順当V戦1枠ゲット 開設68周年記念 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのG1開設68周年記念「全日本王座決定戦」(優勝賞金1000万円)は最終日の15日、準優を勝ち上がった6選手が12Rで優勝戦を争う。準優1枠トリオは、11Rで馬場貴也が3着に敗れる波乱があったものの、10Rの石橋道友、12Rの峰竜太は順当に押し切った。この結果、V戦絶好枠を手にしたのは、シリーズリーダーの峰。機力が万全の上に、レース運びも申し分なし。おまけに芦屋は超がつくほどのドル箱水面。当地周年4度目の制覇へ、最後もインから堂々と押し切る。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング